アコーディオン&オカリナ奏者 野口 美紀 オフィシャルサイト


HOME > プロフィール



野口 美紀 Miki Noguchi

広島市出身
小4で訪れたボルネオ島の首狩り族の「占いの儀式」を見て衝撃を受け、民族音楽と民族楽器に興味を持つ。
1999年〜エムミュージックにて専属プレイヤーを経る。
ドミニカ共和国国立劇場・カンボジア・アメリカの小学校訪問を含め、海外・国内で幅広く活動。
また、自作のユニークな形の土笛をライブに取り入れ、子供から大人まで一緒に楽しめる「見て、聴いて楽しむコンサート」をモットーに活動中。


Mical(ミカル)としての活動もしています。

・野口 美紀(アコーディオン&オカリナ)
・森藤 みこ(テューバ)
・御堂河内 誠(マリンバ&パーカッション) のトリオ

ミカルとは、それぞれのイニシャルからの「M」「リズミカルに」をかけてのネーミング。華やかなアコーディオンとやわらかいテューバ、リズミカルなパーカッションでポルカやマーチ、シャンソン、ヨーデルなど世界の音楽と日本の曲など皆さんおなじみの曲をバラエティ豊かに演奏致します。


江村克己さんと[デューオ]としての活動もさせて頂きました。多くの方に楽しんで頂けたこと、心より感謝しています。

自作のオカリナを使い日本のメロディーを中心に童謡から、演歌、クラシックまで幅広いレパートリを演奏させて頂く中でたくさんの音楽の楽しさを学ばせて頂きました。今後の活動にも活かして参りたいと思います。











コンサートでのことや普段のことなど
思ったままに書き綴っています。